ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

新日鉄住金ソリューションズ株式会社

レポート

新日鉄住金ソリューションズ株式会社

システム変更もハード導入も不要、低コストで低負荷な脅威情報サービスの実力

強固なセキュリティ対策をリーズナブルに実現する方法として注目されてきている「脅威情報サービス」。導入コストや運用負荷を抑えつつ、最新の脅威をどのようにブロックするのか、その仕組みに迫る。

コンテンツ情報

公開日 2018/09/14 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 840KB

要約

 ランサムウェアや脆弱性攻撃、ゼロデイ攻撃など進化を続ける脅威への対抗手段として、ふるまい検知をはじめとした新たなセキュリティ対策を模索する企業が増えている。しかし、実際にはコストや運用負荷の課題から、導入に踏み切れないケースも多い。

 そうした企業の間で注目されてきているのが、2500万以上の攻撃者のIPアドレス情報を分析して構築されたデータベースを活用し、不正通信をブロックする「脅威情報サービス」だ。最大の特長は、既存のファイアウォールやDNS製品に設定すればシステムを変更せず導入でき、新たなハードウェアの導入を不要としない点だ。コストを大幅に抑えられるほか、防御は自動で行ってくれるため運用面でも負荷軽減効果は大きい。

 また通常のファイアウォールはあらかじめ設定したIPアドレス/ポート番号に対するブロックのみとなるが、脅威情報サービスのデータベースは常に最新状態に保たれるため、最新の脅威にも対応可能だ。リーズナブルかつ低負荷で強固なセキュリティ対策を実現する脅威情報サービスの実力を、本コンテンツで確認してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。