ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

新日鉄住金ソリューションズ株式会社

レポート

新日鉄住金ソリューションズ株式会社

入口/出口で不正通信を遮断、フィッシング詐欺対策にも有効な簡単セキュリティ

フィッシングメールなどの巧妙な攻撃には、侵入を防ぐ「入口対策」だけでなく、万が一侵入されても被害を最小限に抑える「出口対策」も欠かせない。そこで有効なのが内部/外部への不正通信をIPアドレスから判定し自動ブロックする方法だ。

コンテンツ情報

公開日 2018/09/14 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 733KB

要約

 今後、日本で多くの世界的なイベントが開催されていることもあり、日本企業を狙うサイバー攻撃が増加している。それらの手口は巧妙化を続けており、もはや侵入防止を目的とした従来型の対策だけでは防ぎきれなくなっている。そのため、万が一侵入されても被害を最小化できる対策の重要性が増している。

 そこで注目されるのが、サイバー攻撃で使われるIPアドレスを提供するクラウド脅威情報サービスだ。2500万以上のIPアドレスを登録したデータベースをファイアウォールやDNSと連携することで不正な通信をブロック。社員が誤ってフィッシングサイトのURLをクリックした場合でも、C&CサーバやマルウェアDLサイトなどへの通信が遮断されるため、情報漏えいを防止できる。

 そうした「入口」と「出口」両方における不正通信のブロックは、既存のファイアウォールやDNSへの設定変更のみでできるので、コストや人材不足に悩む企業にも最適だ。包括的なセキュリティ対策を簡単&確実に実現する仕組みを、本資料で詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。