IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ヤマハ株式会社

製品資料

ヤマハ株式会社

クラウド移行が進む本部側と残される拠点側の“リアルネットワーク”

インターネットVPNによる安全な拠点間通信を行う企業が増える中、クラウドの登場で企業の新たなニーズに応える。従来の拠点VPN通信網の構成を大きく変えず、クラウドサービスへ安全かつ確実にアクセスするために必要なものとは?

コンテンツ情報
公開日 2018/08/31 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 586KB
要約
 これまで企業の拠点間通信の手段としては、データセンターや本部サーバルームに設置したデータサーバ類へ、各拠点・店舗からルーターを介してインターネットVPNでアクセスすることが主流になっている。

 そんな中、近年、クラウド活用が多くの企業で広がりつつあり、企業のニーズはさらに変化している。企業がいま求めるのは、従来の拠点間通信の構成を大きく変更せず、本部側からクラウドへ移行したサーバリソースへの安全かつ確実な接続の仕組みだ。そのためには、拠点に設置してあるルーターにも、各クラウド事業者のVPNゲートウェイサービスとの相互接続性が確保されていることが必須となる。

 本コンテンツでは、“リアルなネットワーク”からクラウドの“バーチャルなネットワーク”へと移行する、拠点間通信の変化に応えるベンダーの取り組みを紹介している。Amazon VPCやMicrosoft Azureなどクラウド事業者ごとに異なるVPNの接続仕様に、どのように対応していくのか。本資料でその仕組みを詳しく確認していこう。