ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

製品資料

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

安全なクラウド環境を構築するための「5大原則」──Azureでの実装方法

クラウドの利便性や俊敏性を生かしつつ、最新の高度な脅威にも対抗できるクラウドセキュリティ環境を構築するのは、一筋縄ではいかない作業だ。クラウドセキュリティを担保するための5大原則と、Azureでの実装方法を解説する。

コンテンツ情報

公開日 2018/08/08 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.38MB

要約

 業務システムのクラウド移行が一般化し、その適応範囲は基幹システムも例外ではなくなってきた。しかし、業務システムとデータをパブリッククラウド環境に移行すると、セキュリティへの責任は個々のユーザー企業とクラウドプロバイダー間で共有されるのが通常だ。もちろんインフラの保護はクラウドプロバイダーによって提供されるが、ユーザー企業側には自社のデータを保護する能力が必要になる。

 しかし、クラウドの利便性や俊敏性を生かしつつ、最新の高度な脅威にも対抗できるクラウドセキュリティ環境を構築するのは、一筋縄ではいかない作業だ。情報システム部門としては、どのようなアプローチをとり、どういったソリューションを選定すべきか、十分に検討しておく必要があるだろう。

 本コンテンツではクラウド環境の安全性を確保するために考えるべき項目を「5大原則」としてまとめている。また、Microsoft Azureを活用する上で、この5大原則を実装するための具体的な方法を解説。業務システムのクラウド移行を考えていながら、セキュリティ対策の実装方法に悩んでいる情報システム部門にとって、有用なコンテンツとなるはずだ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。