ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

製品資料

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

クラウド標準のセキュリティで大丈夫? 「責任共有」の限界と具体的な脅威対策

クラウドのセキュリティは通常「責任共有モデル」という形で提供され、クラウド事業者が責任を負う部分と、ユーザー企業自身でデータ保護しなければいけない部分とに分かれている。高度な脅威に対応するには別途対策が必要だ。

コンテンツ情報

公開日 2018/08/09 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 2.42MB

要約

 世界中でクラウド利用が急拡大する中、クラウドのセキュリティは担保できているだろうか? クラウドのセキュリティは通常「責任共有モデル」という形で提供されている。つまり、クラウド事業者が責任を負う部分と、ユーザー企業自身でデータ保護しなければいけない部分とに分かれているということだ。クラウド事業者が提供する標準セキュリティは非常にベーシックなものであり、クラウド利用時でもデータセンターと同等のセキュリティを担保するには、高度な脅威防御対策が別途必要になる。

 しかし、企業のIT環境はハイブリッドクラウド、マルチクラウド環境が標準になってきており、それぞれの環境に対して別々のソリューションを採用していては、日々の運用負荷が増大するだけでなく、セキュリティポリシーの均一化を図ることは難しい。

 そこで本コンテンツでは、長年にわたる実績ある物理アプライアンスと同一のソースコード、同一のセキュリティ機能を仮想・ クラウド環境にもデプロイでき、統合管理コンソールでセキュリティポリシーを物理から仮想までシームレスに集中管理するクラウド脅威対策ソリューションを紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。