ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

SCSK株式会社

事例

SCSK株式会社

経営情報を迅速に可視化、3社の事例に学ぶ基幹業務システム刷新

基幹業務システムの老朽化は、業務効率とビジネス成長の停滞を招く。複雑化したシステムを整理・統合し、将来も見据えた会計・経営情報のスムーズな運用を実現するにはどうすべきか? 3つの事例からERP刷新のポイントを探る。

コンテンツ情報

公開日 2018/08/03 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 2.29MB

要約

 経営情報の可視化は、企業にとって喫緊の課題である。可視化によって会計、人事データをスムーズに運用できることで、スタッフの事務作業の負担を低減し、本来の業務に割くリソースを増やせるだけでなく、得られた知見を基に、ビジネスの将来を見据えた戦略を決定できるようになるからだ。

 しかし、基幹業務システムが老朽化してくると、法改正や最新OSへの対応が難しくなったり、システムの運用が複雑化したりするため、理想には程遠い状況にある企業も少なくない。こうした課題を解消するため、新たな基幹業務システムの構築を検討する時期が迫っている。

 本コンテンツでは、新たなERPパッケージを導入し、成果を挙げている3社の事例を紹介している。いずれの企業も、システムのシンプル化と情報の可視化を実現したことで、業務効率は大幅に改善。多面的な情報の把握が可能になり、さらなる成長、ビジネスのスピード化にも寄与したという。基幹業務システムの刷新を検討している企業にとって、これらの事例は大いに参考になるはずだ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。