IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社Box Japan

事例

株式会社Box Japan

事例紹介:井村屋に学ぶ、コラボレーションツールによるBCP対策と生産性向上

食品メーカーである井村屋がクラウドストレージの導入に踏み切ったのは、添付ファイルのセキュリティ課題がきっかけだった。同社のBCP対策と生産性向上につながったという新情報共有基盤の特長を詳しく見ていこう。

コンテンツ情報
公開日 2018/07/24 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 3ページ ファイルサイズ 1.07MB
要約
 食品メーカーである井村屋は、コラボレーションツールを情報共有基盤として活用している。そのきっかけは、メールの添付ファイルの暗号化ルールが徹底されないことだった。オンプレミスで暗号化パスワードの発行システムを導入することも検討したが、添付ファイルの容量制限やメールサーバの容量不足、シャドーITなどの課題は残る。

 そこで同社が注目したのが、グローバルに豊富な導入実績を持ち、BCP対策にもなるコラボレーションツール「Box」だ。シングルサインオンソリューションと組み合わせることで、社内からはIPアドレス制限を、社外からはワンタイムパスワードを発行するなどのセキュアなアクセス要件もクリアできる。

 約2カ月の検証を経て導入した新環境は、海外展示会の出展や商談などで早速活用された。従来、海外ではVPN経由で接続するなどの配慮が必要だったが、同社の採用したクラウドストレージならインターネットに接続できればセキュアに利用できる。さらに複合機やスマートフォンなどとの連携も容易で、全社の生産性向上につながったという。本資料で、この事例を詳しく紹介する。