IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社Box Japan

製品資料

株式会社Box Japan

「Office 365×Box」の新たな形、コミュニケーションを変えるコンテンツ管理術

Office 365の使用で不便さを感じるポイントの1つにOneDriveとSharePointの使い分けがある。このような不便さを解消する方法として、Office 365とクラウド型コラボレーションサービス「Box」を組み合わせて活用する方法を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2018/07/17 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 777KB
要約
 Office 365の利用では、ストレージサービスの「OneDrive」とコラボレーションツールの「SharePoint」によるコンテンツ管理の手間が問題となりやすい。また個人や部門、プロジェクト、社外共有といったレベルの異なるコンテンツを管理するにあたり、OneDriveやSharePointはそれぞれ機能に制限があるのも課題となる。

 例えばOneDriveは異動時や退職時にデータの引継ぎが発生し、ユーザーごと、フォルダごとのセキュリティ設定もできないため、あくまで「個人ストレージの延長」という位置付けになる。またサイト単位で容量制限があり、都度デザインも必要なSharePointは、双方向のコミュニケーション基盤としては不向きだ。

 そこで注目されているのが、フォルダの場所にかかわらず容量無制限で、アクセス権の一元管理も可能なクラウド型コラボレーションサービス「Box」だ。BoxとOffice 365を併用することで、コンテンツ中心のコミュニケーションを促進しつつ、文書の集中管理が可能になる。本資料では、そんな「Box」とOffice 365の使い分けのコツを、事例を交えつつ紹介する。