ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社アシスト

製品資料

株式会社アシスト

仮想ブラウザによるインターネット分離~失敗しないための3つのポイント~

マルウェアの主要な感染源であるブラウザをセキュアにする手法として注目されるのが、仮想ブラウザによるインターネット分離だ。VDIや物理分離よりコスト・利便性に優れるこの手法を的確に導入するための3つのポイントを解説する。

コンテンツ情報

公開日 2018/07/11 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 1.34MB

要約

 マルウェアの主要な感染源となるブラウザやメールをセキュアにする手段として、「仮想ブラウザ」によるインターネット分離の採用が増えている。論理分離という手段は仮想デスクトップサーバ(VDI)も同様だが、高スペックのサーバや一定の運用負担も必要になる。「仮想ブラウザ」によるインターネット分離なら、利便性を保ったまま、低コストに安全性を確保できる。

 だが、「仮想ブラウザ」はただ導入すればよいというものではない。期待するセキュリティレベルの設定と、それに見合う特長・機能を有した製品を選ぶのはもちろん、ユーザビリティの設定、予算内での導入の可能性も重要なポイントになる。また、既存環境や条件によってコストが変動しやすいため、事前にしっかりとコスト試算を行わなければ、思わぬコスト負担を強いられることもある。

 本資料では、「仮想ブラウザ」によるインターネット分離の導入を失敗しないために考慮すべき3つのポイントと、そのニーズに応えるツールを紹介する。標的型攻撃の対策としても注目を集めるインターネット分離、中でも仮想ブラウザの導入のポイントを詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。