ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

シュナイダーエレクトリック株式会社

技術文書

シュナイダーエレクトリック株式会社

大規模コンテンツ配信やIoT……エッジコンピューティングを活用すべき3つの分野

クラウドの弱点を補えるエッジコンピューティングには、豊かな可能性が広がっている。本資料ではエッジコンピューティングの代表的な3つの利用例から、そのメリットと用途に合った導入方法を探る。

コンテンツ情報

公開日 2018/06/28 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 1.11MB

要約

 クラウド上に集約されるサービスやデータを効率的に利用する方法として、近年、大きく注目されている「エッジコンピューティング」。ユーザーやデータソースに近いネットワークエッジにもサーバを配置するエッジコンピューティングの用途には、3つのパターンが考えられる。

 1つは、ビデオストリーミングのような帯域幅消費型コンテンツだ。通常ならばネットワークの輻輳(ふくそう)を生む高帯域幅のコンテンツでも、ユーザーに近い場所でキャッシュすれば、多数のユーザーに迅速に配信できるようになる。

 この他にも、IoTのアグリゲーションや制御ポイントとしての用途、冗長性と可用性を拡大させる用途において、エッジコンピューティングが欠かせないものとなりつつある。本資料では、こうしたエッジコンピューティングの代表的な用途や具体的な活用事例を紹介するとともに、それらの目的に応じたインフラの選択肢を解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。