ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

シュナイダーエレクトリック株式会社

製品資料

シュナイダーエレクトリック株式会社

クラウドコンピューティングが高可用性エッジソリューションを必要とする理由

データセンターのハイブリッド化が進む中で、オンプレミスに残るITシステムとサーバルームは早急な改善が必要なポイントだ。ここで障害が起これば、クラウドなどその他の環境で高可用性を担保してもシステム全体に影響を及ぼしかねない。

コンテンツ情報

公開日 2018/06/28 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 1010KB

要約

 データセンターの環境は近年、大きく変化している。クラウドベースのアプリケーションへの依存度が高まり、ハイブリッド化が進んだ。結果としてオンプレミスのデータセンター規模自体は縮小傾向にあるが、重要性まで減少したわけではない。処理速度の遅延やダウンタイムで引き起こされるサービスの中断などの観点でいえば、むしろその重要性は増している。

 データセンターは大きく3種類に分けられる。高可用性を誇る数メガワット規模の集中型データセンター、遅延や帯域幅に敏感なアプリケーションなどのためにエンドポイント近くに設置される地域データセンター、そしてユーザーと同じ場所に設置される小規模なローカルデータセンターだ。

 そこで問題となるのが、冗長性や可用性を十分に考慮されてこなかったローカルデータセンターだ。クラウドや大規模なデータセンターが高可用性を有していても、連携するシステムがダウンすれば、その影響は全体に及びかねない。このエッジデータセンターの耐障害性を高めるベストプラクティスについて、本資料で詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。