IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

パロアルトネットワークス株式会社

技術文書

パロアルトネットワークス株式会社

パブリッククラウドワークロードの保護に必要な10の視点とは?

パブリッククラウドへのワークロード移行が加速する中、見落とされがちなのは、データ保護の責任はユーザーにあるという点だ。ユーザーがとるべきパブリッククラウドのセキュリティ対策と、その取り組みにおいて必要となる視点に迫る。

コンテンツ情報

公開日 2018/06/11 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 1000KB

要約

 パブリッククラウドへのワークロードの移行は加速度的に進んでいる。移行によりビジネスに多大なメリットをもたらし、セキュリティが万全であると考えられているためだ。一方、パブリッククラウドプロバイダーは、パブリッククラウドのワークロード保護はユーザーの責任であることを明示している。

 パブリッククラウドのワークロードの保護は、本質的にオンプレミスと変わらない。実務部門とDevOpsチームが連携して取り組む必要があることはもちろん、ネットワークやユーザー動向、アプリケーション動作の可視化、2要素認証などの適切な設定の徹底、プロバイダー規定のセキュリティ対策に加えて仮想化NGFWなどを導入することなどが求められる。

 本コンテンツは、組織が見落としがちなパブリッククラウドワークロード保護の責任の所在を明らかにし、セキュリティ対策を打つにあたり必要となる10のポイントについて解説するドキュメントだ。重要なことは、オンプレミスであろうとクラウドであろうと、攻撃者は常に攻撃の機会をうかがい、あらゆる手段を講じてデータを盗もうとするという性質を理解し、その前提に立つことだ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。