IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本マイクロソフト株式会社

製品資料

日本マイクロソフト株式会社

Windows環境のインベントリ情報を可視化――無償ツールの使い方を徹底解説

Windows環境のインベントリ情報取得ツールである「Microsoft Assessment and Planning Toolkit」(MAP)。英語版で提供されているMAPについて、導入と設定、インベントリ情報取得手順を日本語で分かりやすく解説する。

コンテンツ情報
公開日 2018/04/10 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 30ページ ファイルサイズ 2.71MB
要約
 ITインフラの状態を把握することは、リソースの最適化やサポート終了製品への対応だけではなく、将来における適切なテクノロジーの選択という面からも重要となる。多くの企業が採用しているWindows環境の場合は、このような情報を把握する手段として、インベントリ情報取得ツールが無償で提供されている。

 それが「Microsoft Assessment and Planning Toolkit」(MAPツール)だ。MAPツールは、Windows 7 SP1以降およびWindows Server 2008 R2 SP1以降のOSに対応し、ネットワーク経由でMAP導入PCのデータ収集を実行する。しかし、英語版での提供となっているため、その導入に不安を感じる担当者も少なからずいるはずだ。

 そこで本資料では、MAPツールの導入と設定、インベントリ情報取得手順について、日本語で分かりやすく紹介する。Active Directory環境でのデータ収集などについても、画面写真付きで解説されているため、ぜひ参考にしてもらいたい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。