IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

マクニカネットワークス株式会社

技術文書

マクニカネットワークス株式会社

徹底検証で分かった“UTM”性能レポート 〜アーキテクチャの違いが2製品の明暗を分ける!

ファイアウォール機能を中心に、アンチウイルスやURLフィルタリング、IPS/IDPなど各種セキュリティ機能をゲートウェイにて提供するアプライアンス「UTM(統合脅威管理)」。性能が疑問視された一昔前のUTMが、現在はどこまで進化したのか、具体的にその性能を検証する。

コンテンツ情報
公開日 2010/03/01 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 886KB
要約
徹底検証で分かった“UTM”性能レポート 〜アーキテクチャの違いが2製品の明暗を分ける!
一昔前までは
「アンチウイルス機能を有効にするとスループットが激落ちで使い物にならないでしょ。」
とか
「結局、UTM機能は全部OFFにしてファイアウォールとして使っていますよ。(泣)」
といった声が多かったUTM。

そのような過去から比べると、製品性能が随分向上し、UTMを使うことによる導入・管理コストの低減に注目が集まるようになった。

そこでマーケットを代表する2つの製品に対して、スループット測定、遅延測定、そしてアンチウイルスの検知率測定といった3種類のテストを実施。
その結果は、両製品のアーキテクチャの違いがスループットと遅延に顕著に現れるものとなった。