IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Webキャスト

東京エレクトロン デバイス株式会社

Webキャスト

東京エレクトロン デバイス株式会社

SNSやWebメールの利用は“許可”、クラウド時代の情報漏えい対策とは?

企業におけるクラウドサービスの利用が進む一方で、情報漏えい対策やコンプライアンス対応への要求が高まっている。そこで、クラウドサービスの利用を許可しつつ、重要情報を保護する方法として注目されているのがクラウドDLP製品だ。

コンテンツ情報

公開日 2018/03/30 フォーマット URL 種類 Webキャスト
ページ数・視聴時間 9分26秒 ファイルサイズ -

要約

 企業におけるクラウドサービスの活用が進む一方で、情報漏えい対策やコンプライアンス対応への要求が高まっている。この流れを受けて、従業員がクラウドサービスを安全に利用でき、法令や規制も順守できる環境の構築が急務となっている。そこで、注目されているのが、クラウドDLP(情報漏えい対策)製品だ。

 この製品は、クラウドサービスをブロックするのではなく、その利用を許可した上で情報漏えいを防止する。例えば、事前設定しておいたルールやポリシーによってユーザーの監視を自動化。重要情報などが含まれたSNSへの投稿やWebメールの送信などをブロックする。

 これにより、ユーザーが望むクラウドサービスの利用を許可しつつ、不用意な投稿やメールの送信を防ぐことができる。本コンテンツは、クラウドDLP製品の有効性をデモンストレーション動画で紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。