IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

エントラストジャパン株式会社

事例

エントラストジャパン株式会社

メリットのみへの注目は危険!?  仮想環境にこそ必要な「認証強化」

普及期に入ったといわれるサーバ仮想化。だが、不況下にある今、企業はそのコストメリットにのみ注目してはいないだろうか。導入が加速する今こそ、仮想化のリスクと、求められる対策を探ってみたい。

コンテンツ情報

公開日 2010/02/23 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 616KB

要約

メリットのみへの注目は危険!?  仮想環境にこそ必要な「認証強化」
 サーバの管理/運用面での複雑化への対応、サーバスペースの維持コスト削減などのニーズに応えるソリューションとして導入が進むサーバ仮想化ソリューション。いよいよ普及期に入ったといわれるなか、見落としがちなのが、仮想化の実現が新たなリスクを引き起こす可能性だ。例えば、仮想マシンの古いOS上で稼働しているWebアプリケーションなどは、攻撃者にとっては絶好のターゲットとなるし、ネットワーク経由で侵入した不正プログラムが、同一の物理サーバ上で稼働している他の仮想サーバに拡散するおそれもある。

 このホワイトペーパーでは、既存のシステムに仮想化サーバが混在する環境であっても、多様なアクセス環境、複数の認証方式をサポートすることで、認証の強化と一元的な管理を実現する多目的認証サーバ「Entrust(R) IdentityGuard」の機能を紹介しながら、仮想化環境でのセキュリティについて検証する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。