ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

ディーアールエス株式会社

製品資料

ディーアールエス株式会社

運用が大きく変わるWindows 10、知っておくべき基礎知識と導入検討のポイント

いよいよ2020年1月15日には、Windows 7のサポートが終了する。Windows 10の導入に使える時間は少なくなってきた。さらに、Windows 10はこれまでのWindowsとは更新の概念が大きく異なるので、注意が必要だ。導入に当たって、検討すべきポイントを解説する。

コンテンツ情報

公開日 2018/01/18 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 2.11MB

要約

 多くの企業が利用するWindows 7のサポート終了が、2020年1月15日に迫ってきた。すでにWindows 10への移行を済ませている企業もあるが、まだ一部への限定的な導入であったり、現在検討中、あるいはこれから検討する、という企業も多いのが現状だ。

 Windows 10は、「Windows as a Service」とも呼ばれるように、過去のWindowsとはVersionの更新についての概念が大きく変更されている。これまでは、マイクロソフト社から新しい更新プログラムが出ても、その適用の時期はユーザーがコントロールできた。Windows 10では、一定の猶予期間内にアップデートしないとサポート対象外となってしまうので、更新の管理が非常に重要で、かつ煩雑なものとなる。

 本資料では、Windows 10導入に関する基礎知識と検討すべきポイントを解説するとともに、PCレンタルと併せて利用可能な「導入支援サービス」についても紹介している。「導入支援サービス」は、情報収集、計画策定、機器選定といった段階別になっているので、自社の現状に照らし合わせて内容を確認いただき、導入検討の参考としてもらいたい。

アンケート