IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社

事例

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社

標的型攻撃での「ヒヤリハット」をカバー、長野赤十字病院の取った対策とは?

大規模な医療機関ではセキュリティ対策に積極的だが、それでもなお巧妙化するサイバー脅威の前には「ヒヤリハット」は避けられないという。その状況を打破するために長野赤十字病院が取ったセキュリティ対策を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2018/01/17 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 2.62MB
要約
 電子カルテなど医療機関のIT化が進むとともに、セキュリティの重要性が増している。大規模病院ではファイアウォールやIDS/IPS、エンドポイントセキュリティなどの対策を実施しているが、それでも標的型攻撃のように巧妙な脅威を前にしては「ヒヤリハット」は避けられないという。

 そこで、長野赤十字病院が取り組んだのが、より強力な統合セキュリティ機器の導入だ。製品選定時のトライアルでは、それまでは気付けていなかった多数の攻撃を受けていたことも判明。機器には、医療論文などによる大量のメールトラフィックを遅延なく処理できる性能に加え、標的型攻撃などを可視化できる機能も求められた。

 さらに、初期導入費用や運用コストを考慮すれば、追加のハードウェアを用意することなく1台で全ての機能を提供できることが望ましい。本コンテンツでは、これらのニーズを漏れなく満たしたという同病院のセキュリティ強化策の詳細を紹介する。