ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

レッドハット株式会社

事例

レッドハット株式会社

クラウド環境の構成管理を自動化――Splunkが「Ansible」導入で得た3つの効果

クラウドインフラの管理には、多大なリソースと時間が必要となりがちだ。Splunkがその課題解決のために注目したのが自動化プラットフォーム「Ansible Tower」だった。その導入は、同社に何をもたらしたのだろうか。

コンテンツ情報

公開日 2017/12/25 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 1ページ ファイルサイズ 135KB

要約

 機器データから、ユーザートランザクションやセキュリティ上の脅威など貴重なデータを引き出し、オペレーショナルインテリジェンスに変えるソリューションプロバイダー、Splunk。その幅広いサービスを支えるクラウドインフラを管理するため、従来は膨大なリソースと時間がかかっていた。

 このような無駄をなくそうと考えた同社がたどり着いたのが、幅広いモジュールのラインアップと高い拡張性を持つ自動化プラットフォーム「Ansible Tower」だった。同社はシンプルなPlaybook言語を使用して、インフラのプロビジョニングから構成管理までを自動化することで、この課題を解消した。

 加えて、インフラの一元管理が実現したことで、シームレスなジョブスケーリングも可能になったという。本コンテンツでは、同社がクラウドインフラの構成管理を自動化させた手法と、それによって得られた3つの効果を紹介する。

アンケート