ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社シマンテック

製品資料

株式会社シマンテック

EU「GDPR」施行に備える、情報漏えい防止プロセスの4段階

EUに住む顧客や従業員の個人データを扱う企業に、厳格なデータ保護を求める「一般データ保護規則」(GDPR)の施行が2018年5月に迫っている。そのコンプライアンス実現に向け、データセキュリティ改善のための4段階のプロセスを紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2017/11/30 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 187KB

要約

 個人データの厳格な保護を求めるEUの「一般データ保護規則」(GDPR)の施行が2018年5月と迫ってきた。EUに住む顧客や従業員などの個人データを扱う企業が対象となるもので、厳格な保護と罰則が定められている。このGDPRが求めるようなデータ保護を実現するには、4段階のプロセスでセキュリティを見直し、改善することが望ましい。

 その第一段階が、システムに潜むリスクの特定だ。ネットワーク上のデータを監視・検出し、機密データの所在や従業員による機密データの使用方法などを可視化することが有効な対策となる。情報漏えいにつながりかねない危険なユーザーや行動を特定できるほか、新しいデータ保護対策の策定やポリシーの調整にも役立てることができるだろう。

 さらに、機密データの特定と移動などへの監視、意図したユーザーのみアクセスできるデータの保護手法、情報漏えい発見時の対処という各プロセスを改善することでGDPRコンプライアンスの実現が容易になる。見直すべき4段階のプロセスと、そのために有効なセキュリティ機能を本資料で詳しく解説していく。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。