ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社インターネットイニシアティブ

製品資料

株式会社インターネットイニシアティブ

オンプレミスのVMware環境をそのまま移行できる次世代IaaS、従来との違いは?

オンプレミスのVMware環境を、IaaSに移行するのは実は難しい。両環境は構築・運用ともに違いが大きく、特に運用スキルやポリシーは変更を余儀なくされる。そこで注目されているのが、従来環境をそのまま移行できる次世代IaaSだ。

コンテンツ情報

公開日 2017/11/27 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 706KB

要約

 オンプレミスの仮想化環境から、さらなる効率化を求めてIaaSに移行したいと考える企業は少なくない。しかし、オンプレミスとIaaSの両環境は構築・運用ともに違いが大きく、移行には困難が伴う。そこで注目されているのが、オンプレミスのVMware環境をそのまま移行できる次世代IaaSだ。

 運用スタイルを含めた移行ができるだけでなく、ネットワーク構成、OSやミドルウェア、ライセンスなども移行できる。加えて、「vCenter」の全管理者権限が提供される点も大きなポイントとなる。権限があることから運用スキルやポリシー、管理ツールなども含めて移行できるようになり、新環境でもスムーズに運用を始められる。

 また、システム開発・運用は主にパートナー企業が担うといった日本企業独自の環境を考慮した場合でも、運用管理を委ねられるフルマネージドサービス、閉域網でのL2接続環境などが大きなメリットとなる。本資料では、このようにVMware環境を無理なくクラウド移行するためのポイントを解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。