ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社 日本HP

製品資料

株式会社 日本HP

サイバー攻撃の60%超で悪用されるWebブラウザは「マイクロ仮想化」で守る

モバイルの普及やWebアプリケーションの利便性が高まるとともに、サイト閲覧を悪用する脅威も拡大している。そこで台頭してきた新たなセキュリティ技術が「マイクロ仮想化」だ。従来の仮想化セキュリティよりも軽量かつ高速になるという。

コンテンツ情報

公開日 2017/11/27 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 553KB

要約

 サイバー攻撃の60%超が何らかの形でWebブラウザを悪用しているという。サイト閲覧にかかわるリスクが高まる中、Webサイトのフィルタリングやプロキシ、サンドボックス化などのセキュリティ強化策も生まれてきたが、それらをもすり抜けてしまう攻撃が登場し、Webブラウザの保護は“いたちごっこ”の状況を呈している。

 この状況を打破しようとする新たなアプローチが「マイクロ仮想化」だ。使い捨ての仮想化環境でブラウザなどのアプリケーションを実行することで、安全にWebサイトを閲覧できるようになる。攻撃を受けても仮想化環境内に影響がとどまるため、そのタブを閉じてしまえば何も無かった事にできる。もちろん、他のタブやOSなどは被害を受けずに済むのだ。

 これまでも仮想化ベースのセキュリティは利用されてきたが、重いリソースが課題となりがちだった。マイクロ仮想化は、Webブラウザなどの個々のアプリケーションごとに仮想化できるため、必要リソースを軽量化するとともに高速化が容易となる。このようなWebサイトを巡る脅威と保護の最前線を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。