ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

レッドハット株式会社

レポート

レッドハット株式会社

OpenStackのスケーラビリティを左右する、ネットワークの課題

OpenStackのコンポーネントは絶えず進化しており、そのことが返ってOpenStackのスケーラビリティ向上を阻害している。この問題の要因は、ネットワークにあるようだ。どうすれば克服できるのかを見ていこう。

コンテンツ情報

公開日 2017/11/22 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 257KB

要約

 プライベートクラウド構築ソフトウェア「OpenStack」のネットワーク機能は急速に進化している。新しいスイッチやオプションが次々に登場しており、例えばOpenStackのコアネットワークコンポーネントである「Neutron」は進化し続けている。

 一方で、OpenStackのスケーラビリティ問題の一因は、ネットワークにあるようだ。Neutronは最大30程度のノードへのスケーリングにしか対応していない。これに対し、競合するパブリッククラウドサービスでは、既に数万台のサーバで数百万台の仮想マシン(VM)が稼働している。こうしたスケーラビリティの低さが、OpenStackを検討する企業が導入に二の足を踏む要因となってきた。

 OpenStackのスケーラビリティを高めることは一筋縄ではいかない。このコンテンツでは中心的なコンポーネントであるNeutronと「Dragonflow」の役割を解説するとともに、OpenStackのスケーラビリティ問題をどうすれば克服できるのかを取り上げる。

アンケート