IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

アルプス システム インテグレーション株式会社

製品資料

アルプス システム インテグレーション株式会社

未知のマルウェア対策として改めて注目される「Webフィルター」の新機能とは?

巧妙化と高度化が続く標的型攻撃に対し、従来型のセキュリティに疑問符が投げかけられる場面が増えてきた。そんな中、未知のマルウェアによる情報詐取への強力な対抗策として注目される「Webフィルター」の新機能とはどんなものか。

コンテンツ情報

公開日 2017/11/14 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 509KB

要約

 年々、巧妙化・高度化する一方の標的型攻撃。特定企業を狙う独自のマルウェアは、従来のアンチウイルスでは対応できない場合も増えてきた。マルウェアの侵入はゼロにできないにしても、なんとか情報詐取を防ぐことはできないか。その解として「Webフィルタリング」の意外な対策が注目されている。

 これまで、不適切なWebサイトへのアクセスを制限するために使われてきたWebフィルタリングソフトだが、近年における進化は著しい。特に「サイバー攻撃対策」と「Webアクセスの可視化」の面で機能が大幅に強化され、現在では未知の脅威にも対抗し得る強力な防御手段となっている。

 このような変化をもたらしたポイントは、アクセス先URLの網羅率(=URL分類率)の向上である。網羅率98%の製品も登場、このことが、未知の脅威による情報漏えいへの対策の鍵となる。さらに、「残り2%」に当たる未分類URLを分類する新機能により、不審な通信の検出と規制を実現。本資料では、これらの技術を中心に、新たな標的型攻撃対策の仕組みと効果を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。