IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

インテル株式会社

製品資料

インテル株式会社

FPGAによるビッグデータ管理――CPUとの連携がDBに及ぼす効果とは?

データの爆発的に増加する中、既存のリレーショナルデータベースの処理能力が限界を迎えつつある。そこで、消費電力を抑えつつ、Hadoop、Spark、NoSQLなどによるビッグデータ管理の能力を向上させる方法として「FPGA」が注目されている。

コンテンツ情報

公開日 2017/11/13 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 246KB

要約

 近年、さまざまな企業がビッグデータの活用に向けて取り組んでいる。しかし、従来のリレーショナルデータベースでは、格納すべきデータの爆発的な増加に処理能力が追い付けずにいるのが実情だ。そこで、データベースの高速化を実現する新たなデバイスの導入が進められている。

 その最有力候補として近年、注目されているのが「FPGA」(Field Programmable Gate Array)だ。データセンターで消費電力の増大が深刻な問題となる中、GPUよりも省電力性やデータ圧縮能力に優れるだけでなく、クエリ―中のデータ確認を減らすことで、データ転送の高速化も可能とするFPGAの導入が進んでいる。

 ここで特筆すべきなのが、FPGAの導入が容易である点だ。サーバに接続したFPGAは、ソフトウェアプラグインにより既存のSQLアプリケーションとスキーマを変更せずに実行できるため、ノウハウのない企業でも容易にそのメリットが得られる。本資料では、Hadoop、Spark、NoSQLなどによるビッグデータ管理において、FPGAが果たす役割を詳細に解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。