IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

データコア・ソフトウェア株式会社

事例

データコア・ソフトウェア株式会社

「サーバSAN」の採用でSQL Serverを高速化、事例に学ぶストレージ刷新の秘訣

業務システムのSQL Serverが1日に数十件もタイムアウトする状態に陥っていた科学飼料研究所。同社は「サーバSAN」を活用して、この状態を解消し、増設コストも約9割削減した。同社はどのような方法で、この成果を引き出したのだろうか。

コンテンツ情報
公開日 2017/10/24 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 372KB
要約
 事業の拡大に伴い、社内システムを追加開発することは珍しくない。しかし、度重なる追加開発は、システムの複雑化という新たな課題を招きやすい。JA全農グループで、飼料や動物医薬などの製造・販売を手掛ける科学飼料研究所もこのような課題に直面し、処理件数の増加によるレスポンスの低下に悩まされていた。

 業務システムのSQL Serverが1日に数十件もタイムアウトする状態となっており、手作業によりなんとか急場をしのいでいたという。そこで、同社は、システム基盤全体の刷新を決断。それまでは業務系と情報系の2系統だったシステム基盤を統合し、ストレージには汎用的なハードのみでSANを構築できる「サーバSAN」を全面採用した。

 これにより、増設コストの約9割が削減されただけでなく、ボトルネックとなっていたSQL Serverの処理も大幅に改善された。もちろん、これほどの効果が得られた背景には、同社ならではの製品選びがある。本資料では、同社の事例を基に、サーバSANを活用して、コスト削減とレスポンス向上を両立する方法を紹介する。