ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社シマンテック

製品資料

株式会社シマンテック

メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出

サイバー攻撃の主流として、メール攻撃は企業に深刻な被害を与えている。標的型攻撃をはじめ、その手法は進化し続けており、従来型のセキュリティ手法では防ぎきれない。進化に後れを取らないセキュリティ体制が必要だ。

コンテンツ情報

公開日 2017/10/20 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 3ページ ファイルサイズ 363KB

要約

 世界規模の被害を与えた「WannaCry」をはじめサイバー攻撃は多様化しているが、やはり主流を占めるのはメールによる攻撃だ。中でも標的型攻撃に代表される高度なメール攻撃は進化を続けており、防御側にも従来手法からの進化が求められている。

 例えば、悪質なファイルの振る舞いを検知するサンドボックス機能が一般化したことで、高度な攻撃の28%が「仮想マシン認識型」になり、同機能を無効化するようになった(セキュリティベンダー調査)。これに対応するには、人間の振る舞いを模倣するサンドボックス機能が必要だ。

 それでは、進化し続ける脅威に後れを取らないセキュリティ体制をどのように構築すればよいのか。本資料では、高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出するクリック時URL保護などを実現する、次世代メールセキュリティの詳細を解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。