ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

パラレルス株式会社

製品資料

パラレルス株式会社

RDSでは物足りない、デスクトップ仮想化の不満をどう解消する?

デスクトップ仮想化の有力な選択肢であるMicrosoft RDSは、歴史が長いだけに課題も抱えている。運用の複雑さや負荷分散機能の不足、Windows以外のクライアント対応などの課題を解消したいなら、仮想化製品の併用によるRDSの強化が必要だ。

コンテンツ情報

公開日 2017/09/21 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 263KB

要約

 Microsoft RDSは長年デスクトップ仮想化に活用されてきたが、歴史が長いだけに課題もある。近年、急増するデータ量に十分な負荷分散機能が提供できず、セットアップや運用管理、拡張には技術力や作業負担を求められる。また、Windows以外のクライアント対応という点でも弱点を抱えている。

 これらを解決するには、RDSの強化が必要だ。アプリケーションや仮想デスクトップ、データの配信を一元的に管理できる仮想化製品を併用することで、RDS単体では避けられなかった課題を解消できる他、仮想デスクトップの作成や起動、削除を自動化したり、マルチデバイス対応とすることも可能になる。

 本コンテンツでは、RDSの強化がもたらす多岐にわたるメリットを解説する。アプリケーションや仮想デスクトップの配信はもちろん、ユーザーやデータの一元管理、負荷分散性能の向上などがどのように実現されるのか、詳しく見ていこう。

アンケート