ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

パラレルス株式会社

製品資料

パラレルス株式会社

医療現場に即した形でIT化を促進、旧OS継続利用とモバイル活用の両立法とは?

IT化が依然として進まない医療分野。特に大きな課題は、旧OSの稼働率が高い点や、院外診療などを想定したモバイル環境の整備が遅れている点だ。そこで、医療現場に即した形で課題を解決する方法として仮想化製品が注目されている。

コンテンツ情報

公開日 2017/09/21 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 802KB

要約

 医療の現場では、現在もITシステム未導入のところが多いという。これは、電子カルテの解禁、移行が始まったのが1999年と比較的遅かったためだ。また、既にITを導入している現場でも、旧OSで運用されているところが多いことも、業界全体のIT化に歯止めをかける形になっている。

 もう1つの大きな課題が、モバイル対応だ。院外診療、院外検診では、医師などのスタッフが個人情報を保存したPCを現場に持ち出すには、手間やコストがかかるだけでなく、セキュリティ面での大きな懸念があった。そこで、これらの課題を解決する方法として、アプリケーションやデスクトップの仮想化を採用するケースが増えて来ている。

 これにより、最新のモバイルデバイスから旧OSを含む混在環境でも医療アプリケーションへのモバイルアクセスが容易となり、堅固なセキュリティも同時に確保できる。本コンテンツでは、このシステムが医療従事者にどのようなメリットをもたらすのかを分かりやすく解説する。

アンケート