ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

ネットワンシステムズ株式会社

技術文書

ネットワンシステムズ株式会社

ハイパーコンバージド導入のメリットを比較検証――コストと管理の手間はどう変わる

ハイパーコンバージドシステムへの移行で企業システムにおけるメリットを期待する一方で、真のコストと実際の管理工数の予測が意思決定において重要になる。ここでは、比較検証の結果を基に、移行メリットについて確認してみたい。

コンテンツ情報

公開日 2017/09/13 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 707KB

要約

 米調査会社のEdison Groupの調査によると、現在の企業ITインフラの市場は、BYO(独自構築)システムからハイパーコンバージドアプライアンスに大きく移行し始めているという。ハイパーコンバージドシステムの移行は、大きな潜在的メリットが得られる一方で、その判断には、移行によるコストと運用に起きる変化の実態把握が非常に重要となる。

 ハイパーコンバージドインフラへの移行により、「フットプリントの削減」「システム管理のシンプルさ」「データ保護」「パフォーマンス」などさまざまなメリットが期待される。しかし、本当に得られる効果を事前に検証するのは、簡単ではない。

 本レポートでは、ハイパーコンバージド製品導入がコストと管理に与える影響について比較検証した結果を解説する。コストと管理の複雑さの両面で分析するため、中規模の組織向けに設計された構成例として「VCE VxRail」を取り上げ検証を実施した。早速詳しい内容を確認していこう。

アンケート