ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

Webキャスト

CA Technologies

Webキャスト

CA Technologies

物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは?

クラウド全盛の現代では、企業インフラで運用されるさまざまなシステム、データベース、ネットワークデバイスなどの管理者権限を持つユーザーが増え続けている。多くの人間が特権を持つことによるリスクとは何か。そしてその回避策は?

コンテンツ情報

公開日 2017/09/11 フォーマット URL 種類 Webキャスト
ページ数・視聴時間 2分17秒 ファイルサイズ -

要約

 オンプレミスやデータセンターなどの物理環境から仮想環境、クラウドにまたがるありとあらゆるシステム、データベース、ネットワークデバイス、アプリケーションなどの管理者ユーザーが増えている。ある調査によれば、管理者ユーザーの数は全従業員数の3~4倍になることもあるという。

 その結果、管理者IDの漏えいによる外部からの攻撃、内部不正、コンプライアンス違反、運用の非効率化などのリスクが看過できないほどに高まっている。しかし、管理者IDを手作業で管理するにはコスト負担が大きいため、特権を持つ管理者ユーザーを包括的に管理できるツールが必要だ。

 最新の製品では、プラットフォームやデバイスの垣根を越えて、あらゆる対象デバイスをセッション録画などの機能で一元的に管理できるという。本コンテンツでは、新たに登場した管理者アクセス制御ツールについての詳細を動画でお伝えする。

アンケート