ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

SCSK株式会社

製品資料

SCSK株式会社

カスタマイズはERP運用の必要悪か? 運用コストを最小化するハイブリッドERP

ERPを運用する上で、中堅企業の課題となるのがカスタマイズだ。販売管理などコア業務への最適化には不可欠だが、コストや現場負担の増加を招いてしまう。これらの課題を解消し、TCO削減を実現するERP選びのポイントを紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2017/07/31 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 2.77MB

要約

 中堅企業がERPを運用する上での大きな課題の1つが、販売管理などのカスタマイズ費用だ。このカスタマイズのために、バージョンアップ時の追加作業による費用が発生するケースは多い。この他にも保守サポートの期限切れなどが、技術者不足に悩む中堅企業にとっては重い負担となっている。

 こうした負担を抑えるには、自社との業務適合率の高いERPを選ぶことが重要だ。もともと国産製品は国内の商習慣に対応したものが多いが、どうしても、いくつかの業務モジュールは自社要件にあわせるためにカスタマイズは必要になる。ERPのベストプラクティスに加えて自社の強みを生かすためにはERPのカスタマイズは必要なのだ。

 多くのERP製品は、会計、資産管理などの業務ごとにモジュール化しているため、柔軟な導入とバージョンアップができればコスト削減が期待できる。本資料では、これらのニーズに応え、ERPのコスト増を招く3つの要因を解消する方法を紹介する。リゾートトラストやタワーレコード、霧島ホールディングス(霧島酒造)など多くの企業が導入したという製品の特長を詳しく見ていこう。

アンケート