ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社日立システムズ

製品資料

株式会社日立システムズ

仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は

BCPや災害対策として不可欠なバックアップ。ハイパーコンバージドインフラなどでバックアップ環境を効率的に構築するには、どのような製品を選べばいいのだろうか。バックアップ、復旧、ライセンスなど多岐にわたるポイントを解説する。

コンテンツ情報

公開日 2017/07/31 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 29ページ ファイルサイズ 6.98MB

要約

仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は
 システム障害やサイバー攻撃などのリスクへの備えとして不可欠なバックアップ環境。近年、導入が進むハイパーコンバージドインフラでは、特に慎重な製品選びが求められる。そのため、バックアップ時間、仮想マシンの保護、ライセンスコストなどについて総合的に判断することが、最適な製品選びの鍵となる。

 基本となるバックアップは、初回以外を増分バックアップとする他、重複排除により保存データ量を最小化したい。バックアップデータを削減できれば、バックアップ時間の短縮にもつながる。復旧においても、フォルダやファイル、仮想マシンなどの単位で柔軟に復旧できることが望ましい。

 もちろん、ハードウェアとしての性能も重要で、重複排除機能をフルに活用するためのSSD活用や、電源ユニットやNICの冗長化なども図りたい。本コンテンツでは、これらの条件を満たし、ハイパーコンバージドインフラに適したバックアップ製品を紹介する。

アンケート