ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

レポート

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

リソースの組み替えは自由自在――インフラの統合はハイパーコンバージドの先へ

コンバージド/ハイパーコンバージドインフラによりデータセンターは大きく進化したが、ハードウェアの完全な統合までは至っていない。そこで注目され始めたのが、ソフトウェア定義技術により全要素を一元管理できる次世代型インフラだ。

コンテンツ情報

公開日 2017/07/05 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 205KB

要約

 コンバージドからハイパーコンバージドへと続くITインフラの進化は、データセンターにおけるハードウェアの統合や一元管理の機能を大きく発展させた。しかし、ほとんどの場合、コンバージェンス(統合)の効果が及ぶ範囲はベンダーの製品までであり、他のリソースやシステムが恩恵を受けることはなかった。

 これは、SDSやSDNといった従来型のソフトウェア定義技術が、インフラの一部の要素に特化していることに由来する問題だ。そのため、次世代のデータセンターへ向けたアプローチでは、全ての要素を一元管理できるSDI(ソフトウェア定義インフラ)が主流となりつつある。

 ここで重要となるのが、IT管理者がサーバやディスク、ネットワークの構成を意識することなく、ワークロードごとに必要なサービスレベルを提供できることだ。それでは、コンピュート、ストレージ、ネットワークのリソースをどのような形でプールし、サービス層への配置を自動化すればよいのだろうか。本資料では、「Infrastructure as Code」(コードによるインフラ構成管理)を手掛かりに、理想的なSDIの実装方法を探る。

アンケート