ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

レポート

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

「コンポーネントの分離」が変えるデータセンター、クラウドのように柔軟に

ディスアグリゲーション(分離)というコンセプトが、データセンターを変え始めている。ネットワークや演算装置、ストレージなどを単一のリソースプールとして分離し、自由に活用しようというのだ。そのインパクトについて解説する。

コンテンツ情報

公開日 2017/07/05 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 233KB

要約

 データセンターアーキテクチャとして「ディスアグリゲーション」(分離)というキーワードが注目されている。ネットワーク、演算処理、ストレージといったコンポーネントを分離し、それぞれを単一のリソースプールとして活用できれば、データセンターが強いられてきた物理的な制約を解消できるからだ。

 このアイデアを形にしたのが「コンポーザブル・インフラストラクチャ」だ。物理、仮想、コンテナのどの環境にも対応し、可変的なリソースプールを構築できる。必要なリソースを過不足なくアプリケーションに割り当てたり、組織やアプリケーションごとに最適化したシステム構成をテンプレートとして作成したりすることで、柔軟性の向上や最適化が実現するという。

 既に、この第1世代というべき製品も登場している。CPUとメモリは互いに近いところに置く必要があるなど、一部のコンポーネントはまだ完全に分離していないが、データセンターに与えるインパクトは大きい。この新たなインフラの強みを、識者の見解も交えて詳しく解説していく。

アンケート