IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

シーティーシー・エスピー株式会社

製品資料

シーティーシー・エスピー株式会社

仮想化環境のデータ保護 事業継続ソリューションで来るべきクラウド時代に備える

コスト削減の切り札「サーバ仮想化」にも課題がある!それが、仮想化環境導入‘前’に発生するデータ移行だ。また仮想化環境導入‘後’には1ホスト上で複数の業務が稼働するため、効率の良いバックアップが必要だ。

コンテンツ情報

公開日 2009/10/20 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 28ページ ファイルサイズ 19MB

要約

サーバ仮想化の落とし穴「移行問題」は、大きく2つある。1つは移行前で、現状の数十台、数百台の異なるサーバデータを、どうすれば短時間のダウンタイムで手軽に、なおかつ低コストで移行できるか? もう1つは移行後の問題で、仮想サーバのデータが集約される共有ディスクをいかに効率よくバックアップするか?

この「移行前後」の巨大なリスクをトータルに解決する手段として一躍注目を集めているのが、世界および日本でも実績ナンバー1のリアルタイムレプリケーション(複製)ソフトウェア「Double-Take」である。

このツールは、複数の異なるサーバのデータを並行して仮想環境へ複製できる。しかも、移行中に発生するデータもそのままリアルタイムに移行が可能なため、サーバ切替時のダウンタイムが極めて短くなる。さらには、仮想化後の集約されたあらゆるデータを、リアルタイムに保全する。まさに魔法のツールといえるだろう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。