IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

インテル株式会社

製品資料

インテル株式会社

高速データ基盤がさらに進化、「SAP HANA 2」はなぜここまで速くなったのか?

製品やサービスを競合他社よりも早く提供するには、データの処理が重要になる。そこで注目されているのがインメモリデータベース「SAP HANA 2」。プロセッサレベルからハードウェアを最適化したという同製品はビジネスに何をもたらすのか。

コンテンツ情報

公開日 2017/06/06 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 957KB

要約

 競合他社よりも早く適切な情報や製品、サービスを提供することは多くの企業が挑戦し続ける課題といえる。今、その実現の鍵はデータにある。テクノロジーによりデータを迅速に引き出せれば、保守管理に費やす時間を減らし、より多くのリソースを変革や成長戦略に投資できるようになるからだ。

 そこで、2016年後半にリリースされた次世代データベース「SAP HANA 2」に期待が集まっている。高度なデータ処理能力によって、TCOの削減やアプリケーション開発の加速、新しいタイプのデータの活用といったメリットを引き出せる。調査会社IDCにより、SAP HANA 2によるアプリケーション変革によって500%以上もの投資利益率を達成できることも明らかになった。

 これほど大きなメリットをもたらす理由の1つとして、プロセッサレベルから最適な設計がなされていることが挙げられる。それでは、SAP HANA 2の進化した機能は、ビジネスにどのような影響を与えるのか、本資料で確かめておこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。