IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ソフォス株式会社

製品資料

ソフォス株式会社

「WannaCry」の分析から見えてきたランサムウェア対策のベストプラクティス

世界中で大きな問題となったランサムウェア「WannaCry」。攻撃者が手にした身代金は3日間で5万ドルを超えたともいわれているが、被害が急速に広がったのはなぜか。発生直後からの分析レポートと、対策のベストプラクティスを紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2017/06/02 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 1.55MB

要約

 被害が世界中で一挙に広がったことで、大きな話題となったランサムウェア「WannaCry」。暗号化されてしまったデータの“身代金”として振り込まれた額は、わずか3日間で5万ドルを超えたという。攻撃者が高度な技術を利用できた背景には、米国家安全保障局(NSA)から盗み出された技術があったともいわれている。

 WannaCryが急速に広がった要因としては、「ワームとしてネットワーク全体に拡散させる機能を持っていたこと」「多くの企業でOSの定期更新が実行されていなかったこと」「サポートの終わったOSが広く利用されていたこと」だと分析されている。

 本コンテンツは、こうした「WannaCry」の実態を発生直後から分析した資料だ。ランサムウェアからシステムを守るための「9つのベストプラクティス」も紹介されているため、今後の対策強化の参考としてもらいたい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。