ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

インテル株式会社

事例

インテル株式会社

世界有数の金融機関が目指した、一元的なビッグデータ分析環境とは?

スイスに本拠を置く金融機関UBS AGは、さらなる競争力獲得のため高度なビッグデータ分析環境の構築に取り組んだ。成功の鍵となったのが、Software-Defined Storage(SDS)との組み合わせだったという。

コンテンツ情報

公開日 2017/06/05 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 468KB

要約

 世界有数の金融機関UBS AGは、競争力の源泉として分析ツールを活用している。分析のさらなる高度化を目指して、同社が取り組んだのが、ストレージ環境とビジネスインテリジェンス環境の集約だった。単一の共有環境が確立されたことで、組織全体でのデータ活用の可能性が広がり、業界への規制にも柔軟に対応できるようになったという。

 この新基盤を支えたのが「Software-Defined Storage(SDS)」だった。このテクノロジーを活用すれば、柔軟性や拡張性の向上に加え、ビッグデータ分析導入の妨げとなってきた従来のストレージとビッグデータワークロード間に起こる非効率なデータのやりとりや、関連して高まるIT部門への負担という課題を解消できる。

 こうしたSDSを活用した環境を構築するには、加えてHadoopの最適化やリソースの共有などを実現する必要がある。UBS AGの事例とともに、より高度なビッグデータ分析を実現するための技術や特徴、最適なストレージを紹介する。

アンケート