IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

さくらインターネット株式会社

事例

さくらインターネット株式会社

認証システムのクラウド移行、桜美林学園が可用性とコスト性能を向上できた理由

メールをキーに統合認証システムを運用していた桜美林学園では、システムの安定稼働やセキュリティ強化などを目的に、クラウド利用を決定。データ管理が専門のデータセンターからの提案を採用したことで得られた効果を詳しく紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2017/05/31 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 3.56MB

要約

 桜美林学園では、メールをキーに、履修登録や課題提出、図書館サービス、就職情報サービスなど、学園内の各種サービスの認証を行っている。これらのサービスは、複数の認証サーバで運用されており、認証サーバ間の整合性は統合認証システムが管理しているが、その運用には大きな課題があった。

 ITインフラは東京の町田キャンパスに集中し、平常時も法定停電やメンテナンスで年に2回ほどシステムが停止する状態だった。東日本大震災においても、当日に停電したうえ、計画停電も4回あり、そのたびに4~5時間システム停止が発生していた。同校は、これをきっかけにシステムのクラウド移行を決定。まず統合認証システムがクラウド上で安定的に動作し、信頼して利用できるかを確認するところから開始した。

 さらに、火災対策などの物理的な安全性、人的な不正アクセス対策、システムの技術面も考慮。専門のデータセンターを利用することを決定し、仮想ルータと汎用ハードウェアルータを利用したVPNを構築するという提案を採用した。この提案によって、導入前の課題がどのように解決されたのかを詳しく見ていく。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。