ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

レッドハット株式会社

事例

レッドハット株式会社

NASAがクラウド環境の構成管理を自動化、「Ansible Tower」で得た6つの効果

米航空宇宙局(NASA)は、データセンターをクラウド環境に移行したところ、管理が複雑化し、簡単なパッチ適用でさえ非常に手間が掛かるようになってしまった。そこで、NASAは構成管理の自動化による課題の解決を目指した。

コンテンツ情報

公開日 2017/04/24 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 1ページ ファイルサイズ 133KB

要約

 米航空宇宙局(NASA)は、ハードウェアベースで運用していたデータセンターに柔軟性とコストの面で課題を抱えていた。そこで、従来環境で利用していた約65のアプリケーションをクラウドベースの環境に移行することを決断した。

 しかし、移行スケジュールに余裕がなかったことから、複数の仮想プライベートクラウド(VPC)とAmazon Web Services(AWS)アカウントにまたがる環境を構築することになった。その結果、管理が複雑になり、アップデートのパッチ適用でさえ数日かかるような状況に陥ってしまった。

 このような問題を解決するために導入したのが、プロビジョニング、アプリケーションのデプロイ、ITシステムの構成管理などの自動化プラットフォーム「Ansible Tower」だ。本コンテンツでは、NASAがクラウド環境の管理とスケジューリングを自動化することで得た6つの効果を紹介する。

アンケート