IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

テクマトリックス株式会社

製品資料

テクマトリックス株式会社

Office 365で避けられない回線負荷、少ない運用負荷で解消するには

Office 365は強力なグループウェアだが、回線の負荷という課題もある。プロキシの改善や専用回線への分散などの対策では、コスト増や運用負荷は避けられない。そこで、新たな選択肢として浮上してきたのが「トラフィック制御」だ。

コンテンツ情報

公開日 2017/04/04 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 1.29MB

要約

 Office 365を導入する上で、見逃しやすいポイントが回線の負荷だ。クラウドサービスであることに加え、情報・データの共有機能が強化されているため、以前よりセッション数が増加し、回線に無視できない負荷が発生するケースが見られる。

 解決策としては、プロキシのスケールアップ、PACファイル設定を通じたOffice 365のアクセスの迂回(うかい)、専用回線への分散などがあるが、いずれもコストの発生や運用負荷の増大は避けられない。そこで注目されるのが、Office 365向けの通信を自動で振り分けられる「トラフィック制御サービス」だ。

 Microsoftのサイトより対象となるURLやIPアドレスの範囲のXMLを取得し、生成したデータリストを基にロードバランサーを設定。定期的にリストを更新しながら、Office 365向けの通信とそれ以外の通信を自動的に振り分けて、負荷の軽減を図る。どういった仕組みなのか、その機能を詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。