ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

コムスコープ

製品資料

コムスコープ

1.6テラbpsの可能性を開いた、OM3/OM4互換の次世代マルチモード光ファイバー

LANのバックボーンやデータセンターにおけるデータ伝送の主要媒体である「マルチモードファイバー(MMF)」。その低価格性を維持したまま、1ファイバーあたりの容量を100Gbpsまで増強する技術が登場し、注目されている。

コンテンツ情報

公開日 2017/03/17 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 1.63MB

要約

 LANのバックボーンやデータセンターにおいて、中・短距離のデータ伝送を高速かつ安価に行える媒体として普及するマルチモードファイバー(MMF)ケーブル。複数のファイバーを束ねるパラレル伝送により、データ転送速度は40Gbps、100Gbpsへと一気に向上し、現在では400Gbpsまで実現されている。

 しかし、この技術がケーブルシステムをより高価なものへと導いている側面もあった。そこで、MMFのメリットである低コスト性を維持したまま高速化を目指したのが、OM4の全有効帯域幅に対応した「ワイドバンドマルチモードファイバー(WBMMF)」だ。

 WBMMFは、OM4のレガシーアプリケーションに対応しつつ、1本あたりの伝送速度を100Gbbps以上まで増強。「100GBASE-SR」「400GBASE-SR4」「1600GBASE-SR16」のイーサネットを実現する。本コンテンツでは、2015年に行われた、500メートルでの40G-SWDM4の実演デモの紹介を交えつつ次世代型MMFの性能や仕様を解説する。

アンケート