ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本マイクロソフト株式会社

講演資料

日本マイクロソフト株式会社

Office 365とID統合とアクセス制御、三者のベストな関係はIDaaSで構築

複数組織でクラウドを利用する場合、ユーザーにも管理者にも利便性のある環境をどのように構築するかが課題になる。Office 365とIDaaSの組み合わせで、この課題に対処するベストプラクティスを詳しく紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2016/12/22 フォーマット PDF 種類 講演資料
ページ数・視聴時間 34ページ ファイルサイズ 2.48MB

要約

 クラウド上で複数の組織が協働作業を行うケースは多い。その際、複数組織をどのように1つにまとめ、コミュニケーションを取り、ユーザーが利用しやすく、管理者も管理しやすい環境を構築するか、が課題になる。

 解答の1つが「Identity Management as a Service(IDaaS)」である。IDaaSでは、テナントという単位で独立したIDシステムを企業自身で制御できるほか、データも企業側で所有できる。

 ここではOffice 365で、グループ全社で統一された情報共有基盤を構築したいなど、6つの要件に対するベストプラクティスを紹介する。アクセス制御やユーザー認証の強化など、セキュリティで配慮すべき問題も説明されている。

アンケート