ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本マイクロソフト株式会社

講演資料

日本マイクロソフト株式会社

コンテナの価値は突き詰めれば2つ「生成の早さ」「再現の高さ」

開発の基盤がハイパーバイザー型からコンテナに移行している。両者の開発スタイルは大きく違う。この新たなコンテナ開発に適した手法や、開発を成功させるためのポイントなどを詳しく見ていく。

コンテンツ情報

公開日 2016/12/22 フォーマット PDF 種類 講演資料
ページ数・視聴時間 47ページ ファイルサイズ 2.13MB

要約

 クラウドが一般的になるにつれて、開発の基盤はハイパーバイザー型の仮想化ソフトウェアからコンテナに移行している。コンテナが評価されているのは、生成が早いためアイデアの実装に有利な点と、再現性が高いため大幅で試験的な変更も加えやすい点だ。

 コンテナのメリットを得るには、従来の開発スタイルを改革することが求められる。特に今は激しい変化が絶えず起きている時期であるため、常に走り続ける必要がある。開発環境として、コンテナの本質的な魅力とは何か、注意しておく点はどこか、最大のメリットを生みだすための考え方を解説する。

アンケート