IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アイティメディア株式会社

比較資料

アイティメディア株式会社

中堅・中小企業向け、統合脅威管理(UTM)の主要ベンダー一覧表:30~50台クラス

インターネットと社内LANの間に施すセキュリティ対策としてUTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)は効果的だ。日本市場で主要なベンダーのUTM製品を取り上げ、推奨接続PC台数30~50台クラスの機能を比較した。

コンテンツ情報
公開日 2016/12/05 フォーマット PDF 種類

比較資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 927KB
要約
 統合脅威管理(UTM)はその名の通り、インターネットと社内LANの間で「統合的」なセキュリティ対策を実現するシステムだ。スパム対策やウイルス対策、URLフィルタリング、IPS(不正侵入防止システム)アプリケーションコントロールといった対策を自動的に実施してくれる。
 本コンテンツは、ガートナージャパンが提供している「Gartner Magic Quadrant-UTM」の中でも上位評価を獲得していて、日本市場で主要なベンダーのUTM製品を取り上げ、推奨接続PC台数30~50台クラスで比較した基本機能をまとめた。詳細および最新情報は、ベンダーのWebサイトなどでご確認いただきたい。

◆紹介する製品
・Cisco ASA 5506-X
・SRX300
・Sophos UTM-SG 230
・750 Appliance
・Barracuda NextGen Firewall FシリーズモデルF18
・FortiGate-90D

◆主な比較項目
・価格
・ファイアウォールスループット
・ウイルス対策機能
・IPS機能
・URLフィルタリング機能
・アプリケーションコントロール
・ボット対策機能