IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

株式会社オーシャンブリッジ

レポート

株式会社オーシャンブリッジ

なぜ今オンプレミス版リモートコントロールツールへの乗換が増えているのか

ヘルプデスク業務を効率化する方法として活用されているリモートコントロールツールだが、近年はクラウド版からオンプレミス版への回帰が始まっているという。その理由をオンプレミス版を採用したLIXIL、ダスキンなどの事例とともに明らかにしよう。

コンテンツ情報

公開日 2016/11/29 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 30ページ ファイルサイズ 2.75MB

要約

 従業員の端末利用が拡大したことで、PCや社内システムの操作方法やトラブル解決などをサポートするヘルプデスク業務の負荷が急増している。その対応の遅れは企業の生産性の低下に直結するが、限られた人員で迅速に対応することは難しく、多くの企業がヘルプデスク業務の効率化に頭を悩ませている。

 そこで活用が進んでいるのが、ユーザーとは離れた場所から同じ画面を見ながらPC操作などをサポートできるリモートコントロールツールだ。多くの企業がクラウド版リモートコントロールを利用しているが、近年はイントラネット用途としてクラウド版からオンプレミス版へと移行する企業が増えているという。今なぜオンプレミス版なのか? 

 本コンテンツでは、接続方式や利用形態の違いや、オンプレミス版に移行した企業システム担当者へのヒアリングから、製品選定における5つの基準などについて解説。また、オンプレミス版を採用したキヤノンマーケティングジャパン、LIXIL、鳥居薬品、ダスキンなどの事例を以前抱えていた課題とともに多数紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。