IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

さくらインターネット株式会社

レポート

さくらインターネット株式会社

コスパ徹底比較:専用サーバ vs. パブリッククラウド

IT基盤をパブリッククラウドで運用するか、オンプレミスで運用するか。多くの企業で検討が重ねられている重要な課題だが、どちらにも捨て難いメリットがある。そこで、両者のメリットを併せ持つ「専用サーバ」という第3の選択肢が脚光を浴びている。

コンテンツ情報

公開日 2016/11/17 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 1.01MB

要約

 24時間365日の安定稼働を実現するパブリッククラウドが登場し、基幹系システムをクラウド移行する企業が増えているが、今も多くの企業がオンプレミス環境を選択している。その大きな理由として、パブリッククラウドでは一定以上のサービスレベルの確保が難しいことが挙げられる。

 パブリッククラウドでは、不特定多数の仮想サーバが同一のホストサーバに相乗りするため、大きな処理負荷をかけるユーザーの影響で、サービスのレスポンスが低下することも少なくない。その一方で、オンプレミス環境では、システムの運用や拡張、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策に要する工数の多さなどが課題となる。

 そこで第3の選択肢として、パブリッククラウドのメリットとオンプレミスのメリットを併せ持つ「専用サーバ」が注目されている。本コンテンツでは、CPUパフォーマンスやアクセス負荷テスト、2年・3年利用時のコストなどの面から専用サーバとパブリッククラウドを徹底比較し、その真の実力を明らかにする。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。