IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

JBCC株式会社

製品資料

JBCC株式会社

IT基盤の「信頼性とコストは比例しない」、BCP/DR対策コストは根本から抑える

ITシステム運用では「信頼性とコストは比例する」といわれるが、仮想化基盤の構築とコスト負担の大きいBCP/DR対策を“現実的なコスト”で両立した企業もある。その企業はどこに着目することで、データ保護とビジネス継続性の強化まで実現できたのだろうか。

コンテンツ情報

公開日 2016/10/17 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 2.92MB

要約

 ITシステム運用において「信頼性とコストは比例する」と考えている担当者は多い。例えば、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)のようにシステム化に伴うコスト負担が大きい分野では、これは半ば常識のように語られている。

 しかし、IT基盤を構築する際にBCP/DR対策まで含めて検討することが、コスト面で現実的ではないかといえば、そうではない。例えば、物流業者の株式会社東山(とうざん)のように、仮想化基盤を構築する際、ストレージ環境の信頼性向上、データベース運用負荷の軽減、BCP/DR対策まで実現した事例もある。

 もちろん、同社の担当者も当初はコスト的に実現できないと考えていた。しかし、サーバ、ストレージ、バックアップシステムまで同一メーカー製品で統一することの効果に着目することで、仮想化基盤のデータ保護とビジネス継続性の強化を「現実的なコストで実現できた」という。同社が注目した製品や連携法とはどのようなものだろうか。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。