ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

製品資料

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

アプリケーション仮想化でWebアプリを配信する「3つのメリット」とは?

Webアプリは軽量で、OSごとにいちいち開発・導入する必要がないというメリットがある。しかし実際にはさまざまな課題もあり、そのメリットを十分に生かし切れていないケースが目立つ。この課題を克服する手法として、アプリケーション仮想化が注目されている。

コンテンツ情報

公開日 2016/09/16 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 472KB

要約

 Webアプリは従来のクライアント/サーバ向けアプリと比較して、軽量で、しかも複数のOSに合わせて開発・テストを行う必要もないため、多くの企業で開発が行われてきた。Webアプリにより、短期間でビジネスに役立つIT活用ができると期待されたのである。

 しかし、実際には課題も多く残されている。例えばWebアプリでは、各Webブラウザの特定のバージョンに合わせて開発されるため、旧バージョンのサポートが切れると同時に、セキュリティ上のリスクが発生することになる。また最新バージョンに合わせて開発しても、各種Webブラウザではそれぞれの動作確認を行う必要があり、さらに頻繁に行われるアップデートにも対応しなくてはならない。

 こうした課題を克服する方法として注目されているのが、アプリケーション仮想化によるWebアプリの配信だ。Webブラウザの互換性を気にする必要もなく、従来のようにVPNを利用したリモートアクセスを行うこともない。本コンテンツはこの手法に関する3つのメリットを解説し、2種類の配信方法についても説明している。

アンケート